• 料金・ルート検索
  • 交通情報
  • 渋滞予測
  • 工事規制予定
  • ETC・割引案内
  • 旅行・ドライブ
  • 安全に走行いただくために

ETCカード未挿入お知らせアンテナ 運用中!

このページをお気に入りに追加

ETCレーンのバーが開かない原因として、車載器へのETCカードの挿し忘れや挿し込み不良がほとんどを占めています。

このため、SA・PAからの流出後や本線料金所の手前、料金所入口など、ETCカードの挿し忘れや挿し込み不良となる危険性の高い箇所に、「ETCカード未挿入お知らせアンテナ」を設置しています。

このアンテナ周辺で、ETCカードの挿し忘れや挿し込み不良があった場合には、お客さまの車載器から音声や信号音で不具合があることをお知らせします。

<参考>2012年4月のETC専用運用レーンにおける原因別停止状況(日平均)
≪日平均通過台数 200万台≫

≪2012年 4月 ETC専用運用レーンにおける停止処理要因別状況(日平均)≫ (単位:台/日)
  誤進入によるもの カード未挿入等によるもの
(お客さま利用方法によるもの)
システム原因によるもの 合計
一般車両の
ETCレーンへの
誤進入等
ETCカード
未挿入
通行券を持った
ETC車両の進入等
有効期限切れ
カード利用等
その他
(車載器の不具合等)
件数 872件 1,026件 369件 260件 96件 2,623件
割合 33% 39% 14% 10% 4% 100%

不具合のお知らせがあった場合には、

  1. ETCカードの挿入状況を確認いただくか、
  2. 『一般』または『ETC/一般』のレーンをご利用ください。

(ETCカードが正常に挿入されている場合には、音声などのお知らせはありませんので、そのままご走行ください)。

お客さまにおかれましては、車載器への確実なETCカードの挿入と、正常作動の確認を、重ねてお願い申し上げます。

ETCカード挿入について

◎お知らせの内容(音声、表示など)は、車載器によって異なります。
  • また、車載器によってはお知らせしないタイプもあります。
  • ● 音声案内タイプ例:「ピーッ、ETCレーンを通過できません。」
  • ● ブザー案内タイプ例:「ピーッ、ピッ、ピッ、・・・・・」
  • ※ この場合、料金所の開閉バーは開きませんのでご注意ください。

重要なお知らせ

重要なお知らせ

  • 大雪のため、下記の高速道路の区間で通行止めが予想されています。

     【12月11日夜~12日】

     

    道 路 名 区   間
    東海北陸自動車道 美並IC ~ 白川郷IC
    中央自動車道 駒ヶ根IC ~ 中津川IC

     

     

    なお、下記の高速道路の区間においても降雪が予想されています。

     【12月11日夜~14日朝】

     

    道 路 名 区   間
    東海北陸自動車道

    美濃IC ~ 小矢部砺波JCT

    ※大雪の予想区間を含みます
    中央自動車道

    須玉IC ~ 瑞浪IC

    ※大雪の予想区間を含みます
    長野自動車道 岡谷JCT ~ 安曇野IC
    北陸自動車道 長浜IC ~ 朝日IC
    舞鶴若狭自動車道 小浜IC ~ 敦賀JCT
    名神高速道路 大垣IC ~ 関ヶ原IC

     

     

     高速道路で、一台でも自力走行不能車両が発生すると、長時間の渋滞や通行止めに繋がる可能性があります。高速道路をご利用いただくときは、冬用タイヤの装着およびタイヤチェーンの携行をお願いするとともに、気象予報をご確認いただくなど、今後の交通への影響にご注意いただきますようお願いいたします。

     

     

    今後の交通への影響

    当社では、降雪予測に基づき、高速道路での交通規制の見込みなど、交通への影響が想定される場合には、公式WEBサイトなどで情報を提供します。降雪区間では、安全確保のため、速度規制やチェーン規制が行われることが想定されるとともに、降雪量が増えた場合は、通行止めの可能性もあります。

     

    本格的な降雪シーズンにあたって

    冬の高速道路は急な降雪や大雪のおそれがあります。お出かけの際は、冬用タイヤの装着とタイヤチェーンの携行をお願いします。
    ※ノーマルタイヤでの雪道走行は、道路交通法により法令違反となります。

    詳しくはこちらPDFファイル

     

     

    【関連情報】
    ・雪道を走る前に知っておきたい情報はこちらから 冬の雪道ドライブガイド
    ・リアルタイムの路面状況・交通状況や気象予測はこちらから アイハイウェイ中日本