• 料金・ルート検索
  • 交通情報
  • 渋滞予測
  • 工事規制予定
  • ETC・割引案内
  • 旅行・ドライブ
  • 安全に走行いただくために

大口・多頻度割引制度の概要

このページをお気に入りに追加

大口・多頻度割引の概要 -ETCコーポレートカードのご利用にあたって-

  • 大口・多頻度割引制度とは、大口・多頻度利用のお客さまを対象としたETCシステムの利用を前提とする高速国道等の通行料金の割引制度です。
  • なお、大口・多頻度割引制度をご利用いただくには、東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社(以下三会社)が予め定める要件を満たされるお客さまに貸与するETCコーポレートカードをご利用いただく必要があります。
  • 料金は、1ヶ月分をまとめて翌月末までにお支払いいただきます。

1. 割引の内容

ご利用額に応じて割引いたします。

大口・多頻度割引には、「高速国道の大口・多頻度割引」と「一般有料道路の大口・多頻度割引」があり、別々に計算されます。

(1) 高速国道の大口・多頻度割引

割引は、ETCコーポレートカードの利用の承認をお受けになったお客さま(以下「契約者」といいます)が登録した全ての車両の1ヶ月のETCコーポレートカードによる「高速国道のご利用額(※1)」の合計に、(1)-1.「車両単位割引」(1)-2.「契約単位割引」の2種類の割引を組み合わせて行います。

※1「高速国道のご利用額」の定義
高速国道のご利用額とは、次の要件のいずれも満たした高速国道の利用を行われた場合のご利用額をいいます。

  1. ・要件1:
    ETCコーポレートカードをカード上に表示された車両番号を有する車両においてご利用いただいたとき
  2. ・要件2:
    ETC利用規程を遵守しETCシステムをご利用いただいたとき

(1)-1. 車両単位の割引

契約者の自動車1台ごとの1ヶ月の高速国道のご利用額に対し、次表の割引率を適用いたします。

表 車両単位割引の割引率

自動車1台ごとの1ヶ月のご利用額 割引率
5千円を超え、1万円までの部分 10%(20%)
1万円を超え、3万円までの部分 20%(30%)
3万円を超える部分 30%(40%)

※( )内は、ETC2.0搭載車両に限り適用される割引率です。(2018年3月末まで)

(1)-2.契約単位割引

契約者の1ヶ月の高速国道のご利用額の合計が500万円を超え、かつ、契約者の自動車1台当たりの1ヶ月の高速国道の平均利用額が3万円を超える場合には、契約者の1ヶ月の高速国道のご利用額の合計に対し、10%の割引を行います。

  • ※平日朝夕割引(ETCコーポレートカード)と大口・多頻度割引の重複適用はございません。
    (平日朝夕割引(ETCコーポレートカード)の割引対象となる走行のうち、平日朝夕割引の割引対象となる地方部最大100km相当分は、大口・多頻度割引対象外となります)
  • ※1ヶ月(1日から末日まで)の割引対象となる利用回数が4回以下の場合にも、地方部最大100km相当分は、大口・多頻度割引の割引対象外となりますのでご注意ください。
  • PDFファイル平日朝夕割引(ETCコーポレートカード)の実施開始について(2014年7月1日から適用)

(2) 一般有料道路の大口・多頻度割引

割引は、契約者が登録した全ての車両の1ヶ月のETCコーポレートカードによる「割引対象一般有料道路(※2)のご利用額(※3)」の合計に、(2)-1.「車両単位割引」と(2)-2.「契約単位割引」の2種類の割引を組み合わせて行います。

(※2)「割引対象一般有料道路」の範囲

割引対象一般有料道路とは、三会社が管理する一般有料道路のうち、大口・多頻度割引の対象としている道路を指します。平成28年2月26日時点においては、京葉道路及び東京湾アクアラインがこれに当たります。

※平成28年4月1日以降は、新しいウィンドウを開きますETC2.0車でのご利用に限り、圏央道、新湘南バイパスも大口・多頻度割引の対象となります。

(※3)「割引対象一般有料道路のご利用額」の定義

割引対象一般有料道路のご利用額とは、次の要件のいずれも満たした割引対象一般有料道路の利用を行われた場合のご利用額をいいます。

  • ・要件1:
    ETCコーポレートカードをカード上に表示された車両番号を有する車両においてご利用いただいたとき
  • ・要件2:
    ETC利用規程を遵守しETCシステムをご利用いただいたとき

(2)-1.車両単位割引

契約者の自動車1台ごとの1ヶ月の割引対象一般有料道路のご利用額に対し、次表の割引率を適用いたします。

表 車両単位割引の割引率

自動車1台ごとの1ヶ月の割引対象一般有料道路のご利用額割引率
5千円を超え、1万円までの部分10%(20%)
1万円を超え、3万円までの部分20%(30%)
3万円を超える部分30%(40%)

※( )内は、ETC2.0搭載車両に限り適用される割引率です。(2018年3月末まで)

(2)-2.契約単位割引

契約者の1ヶ月の割引対象一般有料道路のご利用額の合計が500万円を超え、かつ、契約者の自動車1台当たりの1ヶ月の割引対象一般有料道路の平均利用額が3万円を超える場合には、契約者の1ヶ月の割引対象一般有料道路のご利用額の合計に対し、5%の割引を行います。

  • ※平日朝夕割引(ETCコーポレートカード)と大口・多頻度割引の重複適用はございません。
    (平日朝夕割引(ETCコーポレートカード)の割引対象となる走行のうち、平日朝夕割引の割引対象となる地方部最大100km相当分は、大口・多頻度割引対象外となります)
  • ※1ヶ月(1日から末日まで)の割引対象となる利用回数が4回以下の場合にも、地方部最大100km相当分は、大口・多頻度割引の割引対象外となりますのでご注意ください。
  • PDFファイル平日朝夕割引(ETCコーポレートカード)の実施開始について(2014年7月1日から適用)

2. ご契約いただけない主な用件

詳細はETCコーポレートカード利用約款をご参照ください。

次のいずれかの要件に該当する場合、ご契約いただけません。
・要件1:
ETCシステムをご利用いただけない場合(ご登録いただく車両に車載器が搭載されていない場合)
・要件2:
過去に通行料金等の支払いにトラブルがある場合
・要件3:
過去に高速国道等のご利用で不適切な行為があった場合
・要件4:
法人(事業協同組合を含みます。)でお申込みの場合は、カード割引のみを事業とする等、他の事業の実態が見受けられない場合
・要件5:
支払いの保証をいただけない場合

お申込みからお支払いまでの流れ

【お申込みからご利用開始までの流れ】

図 お申込みからご利用開始までの流れ

【ご利用からお支払いまでの流れ】

図 ご利用からお支払いまでの流れ

重要なお知らせ

重要なお知らせ

  • 大雪のため、下記の高速道路の区間で通行止めが予想されています。

     【12月11日夜~12日】

     

    道 路 名 区   間
    東海北陸自動車道 美並IC ~ 白川郷IC
    中央自動車道 駒ヶ根IC ~ 中津川IC

     

     

    なお、下記の高速道路の区間においても降雪が予想されています。

     【12月11日夜~14日朝】

     

    道 路 名 区   間
    東海北陸自動車道

    美濃IC ~ 小矢部砺波JCT

    ※大雪の予想区間を含みます
    中央自動車道

    須玉IC ~ 瑞浪IC

    ※大雪の予想区間を含みます
    長野自動車道 岡谷JCT ~ 安曇野IC
    北陸自動車道 長浜IC ~ 朝日IC
    舞鶴若狭自動車道 小浜IC ~ 敦賀JCT
    名神高速道路 大垣IC ~ 関ヶ原IC

     

     

     高速道路で、一台でも自力走行不能車両が発生すると、長時間の渋滞や通行止めに繋がる可能性があります。高速道路をご利用いただくときは、冬用タイヤの装着およびタイヤチェーンの携行をお願いするとともに、気象予報をご確認いただくなど、今後の交通への影響にご注意いただきますようお願いいたします。

     

     

    今後の交通への影響

    当社では、降雪予測に基づき、高速道路での交通規制の見込みなど、交通への影響が想定される場合には、公式WEBサイトなどで情報を提供します。降雪区間では、安全確保のため、速度規制やチェーン規制が行われることが想定されるとともに、降雪量が増えた場合は、通行止めの可能性もあります。

     

    本格的な降雪シーズンにあたって

    冬の高速道路は急な降雪や大雪のおそれがあります。お出かけの際は、冬用タイヤの装着とタイヤチェーンの携行をお願いします。
    ※ノーマルタイヤでの雪道走行は、道路交通法により法令違反となります。

    詳しくはこちらPDFファイル

     

     

    【関連情報】
    ・雪道を走る前に知っておきたい情報はこちらから 冬の雪道ドライブガイド
    ・リアルタイムの路面状況・交通状況や気象予測はこちらから アイハイウェイ中日本